野球賭博の罪の重さ、処罰内容について徹底的に調べます

野球賭博はどんな罪?

野球賭博はどんな罪?

 

 

日本の法律は、公営ギャンブル以外の賭け事を禁止しています。

 

 

それでは、

 

野球賭博はどんな罪に問われるのか?

 

を調べてみました。

 

 

刑法185条

 

賭博をした者は、50万円以下の罰金または科料に処する。

 

ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

 

 

刑法186条

 

常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。

 

賭博場を開帳し、または博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

 

 

これらを簡単にまとめると下記の表となります。

 

 

対象

罪名

刑罰

野球賭博の胴元

賭博場開帳等図利罪

懲役3月以上5年以下

野球賭博の客

単純賭博罪

50万円以下の罰金または科料

野球賭博の客

常習賭博罪

3年以下の懲役

 

 

野球賭博は違法です!

 

絶対にやらないようにしましょう。

 

罰金と科料の違い

 

 

刑法185条に

 

「賭博をした者は、50万円以下の罰金または科料に処する。」

 

とあります。

 

 

科料ってなんでしょう?

 

 

あまり耳にしない言葉だったので調べてみました。

 

 

科料とは、受刑者の財産を強制的に徴収する刑罰で、

 

同種の刑罰である罰金より小額である。

 

 

罰金は1万円以上で

 

科料は1000円以上1万円未満

 

と定めている。

 

 

金額の違いで名前が変わるみたいですね。

 

野球賭博の時効は何年?

 

 

単純賭博罪は

 

50万円以下の罰金または科料にあたる罪なので

 

時効は3年。

 

 

常習賭博罪は

 

3年以下の懲役にあたる罪なので

 

同じく時効は3年となるみたいです

 

 

単純賭博罪と常習賭博罪の

 

時効は変わらないんですね。

 

少し意外でした。

 

 

野球賭博は違法です!

 

絶対にやらないようにしましょう。

 

賭博は現行犯でないと捕まらない?

 

 

賭博は現行犯でないと逮捕されない。

 

という認識を持っている人もいると思います。

 

実は私もそう思ってました。

 

 

でもそんなことはありません!

 

 

確かに賭博の証拠は出てきにくい性質のものが多いので、

 

原則は「現行犯逮捕で」

 

というのが通例となっているみたいです。

 

 

ですが法律的には証拠さえ揃えば立件することが可能です!

 

 

もちろん警察側は賭博をしている証拠を持っていたとしても、

 

絶対に言い逃れ出来ないように

 

現行犯での逮捕を第一に考えて捜査していると思います。

 

日本は世界でも有数の賭博大国

 

 

「日本は世界でも有数の賭博大国」って知ってましたか?

 

カジノが認められていない健全な国なのに・・・

 

納得がいかなかったので調べてみました。

 

 

諸外国と日本のギャンブル依存症について

 

比較研究した厚生労働省の資料(下記参照)

 

を見てみましょう。

 

 

「他国の有病率」はおおむね1%台です。

 

それでは「日本の有病率」は

 

どのくらいなのか見てみましょう。

 

 

なんと日本人成人男性の

 

9・6%がギャンブル依存症!

 

日本人成人女性だけでも1・6%もあります。

 

 

これは人口から推計すると

 

約560万人がギャンブル依存症

 

というショッキングな話になります。

 

 

これでは

 

「日本は世界でも有数の賭博大国」

 

といわれてもおかしくないですね。

 

 

違法の野球賭博はもちろんですが、

 

公営ギャンブルもほどほどに遊びましょう!

 

 

諸外国のギャンブル依存症(病的賭博)有病率

国名

調査年齢

生涯有病率

アメリカ

18歳~

1.4%

カナダ

1.3%

イギリス

16歳~

0.8%

スペイン

18歳~

1.7%

スイス

0.8%

スウェーデン

15~74歳

1.2%

ノルウェー

0.3%

フインランド

15歳~

1.5%

オーストラリア

18歳~

2.1%

ニュージーランド

1.0%

日本

20歳~

男性9.6% 女性1.6%

 

ギャンブル依存症ってなに?

 

 

経済的、社会的、精神的な問題が生じているのに、

 

ギャンブルへの衝動を抑制できず、

 

ギャンブルをやめることができない依存症のことです。

 

 

ギャンブル依存症は、

 

世界保健機関(WHO)が精神疾患と公認しており、

 

その対策と回復のための

 

社会的基盤作りが世界的な課題になっています。