野球賭博のハンデを考慮した勝敗で2014年の前半戦をまとめて後半戦の予想に繋げます。

2014年 前半戦ハンデ別 総集編

2014年 プロ野球前半戦ハンデ別 総集編 最初に

 

 

2014年のプロ野球も前半戦が終了しました。

 

オールスターを挟み後半戦がスタートする訳ですが

 

後半戦が始まる前に前半戦をまとめておきたいと思います。

 

 

節目節目においてこういった情報を

 

まとめておくのは大事ですし

 

後半戦にむけて何かをつかめればと思います。

 

 

このデータが後半戦の予想に生きるかどうかは不明ですが

 

あれ?こんなに偏ってるの?

 

的なデータもかなり発見できました。

 

 

これらのデータを全部載せてしまうと

 

嫌な予感しかしないので(意味深)

 

ある程度チョイスして紹介しようと思います。

 

 

まずは良い機会なので実際の順位表と

 

野球賭博のハンデシステムを考慮した順位表の比較

 

からしていきたいと思います。

 

実際の順位表 (セ・リーグ)

 

 

順位

チーム名

試合数

総得点

総失点

本塁打

盗塁

平均得点

平均失点

1位

巨人

80

47

33

0

348

324

77

62

4.35

4.05

2位

阪神

84

45

38

1

370

363

61

39

4.40

4.32

3位

広島

81

42

38

1

362

358

95

58

4.47

4.42

4位

中日

84

40

42

2

362

350

52

43

4.31

4.17

5位

DeNA

80

35

44

1

323

397

66

46

4.04

4.96

6位

ヤクルト

81

32

47

2

397

428

79

36

4.90

5.28

 

 

最初にセ・リーグの実際の順位表です。

 

 

セリーグは交流戦を優勝した巨人が貯金14で首位ターン。

 

7月絶好調の阪神が貯金7で2位。

 

交流戦は不調でしたがスタートダッシュに成功した広島が貯金4で3位と続きます。

 

 

次に野球賭博の

 

ハンデシステムを考慮した

 

セ・リーグの順位表を見てみましょう。

 

野球賭博のハンデシステムを考慮した順位表 (セ・リーグ)

 

 

順位

チーム名

試合数

総得点

総失点

本塁打

盗塁

平均得点

平均失点

1位

阪神

84

45

38

1

370

363

61

39

4.40

4.32

2位

中日

84

43

40

1

362

350

52

43

4.31

4.17

3位

広島

81

41

39

1

362

358

95

58

4.47

4.42

4位

巨人

80

38

41

1

348

324

77

62

4.35

4.05

5位

DeNA

80

37

42

1

323

397

66

46

4.04

4.96

6位

ヤクルト

81

37

44

0

397

428

79

36

4.90

5.28

 

 

野球賭博のハンデシステムを考慮したセ・リーグの順位表です。

 

 

ハンデ負けの影響がなかった阪神が貯金7で首位ターン。

 

ハンデ勝ちの恩恵を大きく受けた中日が4位から2位に急浮上。

 

ハンデ負けの影響が少ない広島が貯金を減らしつつも3位をキープ。

 

 

実際の順位だと1位の巨人は4位に転落。

 

 

巨人はハンデに1番泣かされているチームです。

 

良い機会なので巨人からハンデがでたときの

 

ハンデ別勝敗表を載せておきます。

 

巨人 ハンデ別勝敗表 (ダシ)

 

 

ハンデ

試合数

H負

勝率

0.3

7

3

4

0

42.9%

0.5

6

4

2

0

66.7%

0.6

0

0

0

0

0.7

4

3

1

0

75%

0.8

0

0

0

0

1.0

8

3

4

1

0

37.5%

1.3

9

4

5

0

44.4%

1.5

8

3

5

0

37.5%

1.7

8

2

2

4

25%

1.8

0

0

0

0

1半

5

1

3

1

20%

1半3

8

4

2

2

50%

1半5

1

1

0

0

100%

1半7

1

0

0

1

0%

総計

65

28

28

1

8

43.1%

 

 

巨人からハンデがでたときのハンデ別勝敗表です。

 

 

巨人からハンデが出た試合は

 

全80試合中65試合もあり

 

ハンデ出し率は脅威の81.3%もあります。

 

 

その内ハンデ負けをした試合は8試合で

 

ハンデ負け率は12.3%

 

これは約8試合に1回はハンデ負けをする計算です。

 

 

次はパ・リーグの実際の順位表を見てみましょう。

 

実際の順位表 (パ・リーグ)

 

 

順位

チーム名

試合数

総得点

総失点

本塁打

盗塁

平均得点

平均失点

1位

オリックス

83

49

34

0

338

270

67

76

4.07

3.25

2位

ソフトバンク

84

47

33

4

379

298

65

75

4.51

3.55

3位

日本ハム

83

42

40

1

334

328

71

71

4.02

3.95

4位

ロッテ

84

37

45

2

334

391

55

42

3.98

4.65

5位

西武

81

36

45

0

315

334

59

47

3.89

4.12

6位

楽天

83

35

48

0

305

326

53

31

3.67

3.93

 

 

パ・リーグの実際の順位表となります。

 

 

パリーグは両リーグトップの防御率を誇るオリックスが貯金15で首位ターン。

 

安定した強さのソフトバンクが0.5G差で2位。

 

勝率5割をキープしている日本ハムが3位と続きます。

 

 

次に野球賭博の

 

ハンデシステムを考慮した

 

パ・リーグの順位表を見てみましょう。

 

野球賭博のハンデシステムを考慮した順位表 (パ・リーグ)

 

 

順位

チーム名

試合数

総得点

総失点

本塁打

盗塁

平均得点

平均失点

1位

オリックス

83

47

36

0

338

270

67

76

4.07

3.25

2位

日本ハム

83

43

38

2

334

328

71

71

4.02

3.95

3位

ソフトバンク

84

42

40

2

379

298

65

75

4.51

3.55

4位

ロッテ

84

40

42

2

334

391

55

42

3.98

4.65

5位

西武

81

38

41

2

315

334

59

47

3.89

4.12

6位

楽天

83

36

46

1

305

326

53

31

3.67

3.93

 

 

野球賭博のハンデシステムを考慮したパ・リーグの順位表です。

 

 

ハンデ負けの影響が少ないオリックスが貯金を減らしつつも首位をキープ。

 

ハンデ勝ちの恩恵を受けた日本ハムが3位から2位に浮上。

 

ハンデ負けの影響でソフトバンクが2位から3位に転落。

 

 

ソフトバンクは巨人に負けず劣らずハンデに泣かされているチームです。

 

良い機会なのでソフトバンクからハンデがでたときの

 

ハンデ別勝敗表も載せておきます。

 

ソフトバンク ハンデ別勝敗表 (ダシ)

 

 

ハンデ

試合数

H負

勝率

0.3

7

4

2

1

57.1%

0.5

13

5

6

2

38.5%

0.6

1

1

0

0

100%

0.7

8

4

4

0

50%

0.8

3

3

0

0

100%

1.0

10

4

3

2

1

40%

1.3

13

7

4

2

53.8%

1.5

4

0

3

1

0%

1.7

5

3

2

0

60%

1.8

1

1

0

0

100%

1半

3

1

1

1

33.3%

1半3

0

0

0

0

1半5

0

0

0

0

1半7

0

0

0

0

総計

68

33

25

2

8

48.5%

 

 

ソフトバンクからハンデがでたときのハンデ別勝敗表です。

 

 

ソフトバンクからハンデが出た試合は

 

全84試合中68試合もあり

 

ハンデ出し率は巨人とほぼ変わらない数字の81%です。

 

 

その内ハンデ負けをした試合は8試合で

 

ハンデ負け率は11.8%

 

ハンデ負けをする確率も巨人とほぼ変わらない数字になっています。

 

 

2014年前半戦のまとめもいよいよ大詰めとなります。

 

2014年前半戦494試合の

 

ハンデ別勝敗表にいきたいと思います。

 

2014年 前半戦494試合 ハンデ別勝敗表 (ダシ)

 

 

ハンデ

試合数

H負

勝率

0.3

97

46

50

1

47.4%

0.5

88

50

35

3

56.8%

0.6

2

2

0

0

100%

0.7

62

39

23

0

62.9%

0.8

9

6

3

0

66.7%

1.0

36

13

17

5

1

36.1%

1.3

35

14

17

4

40%

1.5

26

8

15

3

30.8%

1.7

21

9

6

6

42.9%

1.8

5

3

2

0

60%

1半

13

5

5

3

38.5%

1半3

13

8

3

2

61.5%

1半5

1

1

0

0

100%

1半7

1

0

0

1

0%

総計

409

204

176

5

24

49.9%

 

 

2014年前半戦494試合のハンデ別勝敗表となります。

 

 

2014年前半戦494試合中

 

ハンデがでた試合は409試合

 

総計のダシ勝率は49.9%という数字です。

 

 

当たり前ですがバックの勝敗はダシの勝敗の真逆となります。

 

ダシとバックの勝率が全体で見るとほぼ50%に割れる。

 

野球賭博のハンデシステムの怖さがわかる数字ですね。

 

 

補足となりますが

 

どちらのチームからもハンデがでない

 

タイの試合は85試合でした。

 

 

タイ試合のホームとビジターの勝敗確率は

 

個人的に興味があるので

 

時間あればまとめるつもりです。

 

 

それでは最後に

 

各チーム毎の特色を

 

少しだけまとめて終わりたいと思います。

 

各チーム毎の特色

 

 

それでは最後に各チーム毎の特色をまとめて

 

プロ野球前半戦ハンデ別総集編を終わりたいと思います。

 

全て野球賭博のハンデシステムを考慮したデータとなっております。

 

 

詳しく書くと

 

不吉なことが起きそうなので(意味深)

 

詳細は載せてません。

 

 

巨人

 

総合勝率47.5%

 

ハンデ別の勝率に軽い偏りアリ

 

東京ドーム成績は50% (40試合20勝20負)

 

 

阪神

 

総合勝率53.6%

 

ハンデ別の勝率に軽い偏りアリ

 

甲子園成績は52.8% (36試合19勝16負1分)

 

 

広島

 

総合勝率50.6%

 

ハンデ別の勝率に偏りアリ

 

マツダスタジアム成績は63.9% (36試合23勝12負1分)

 

 

中日

 

総合勝率51.2%

 

ハンデ別の勝率に偏りアリ

 

ナゴヤドーム成績は58.5% (41試合24勝17負)

 

 

DeNA

 

総合勝率46.3%

 

ハンデ別の勝率に目立った偏りナシ

 

横浜スタジアム成績は50% (34試合17勝17負)

 

 

ヤクルト

 

総合勝率45.7%

 

ハンデ別の勝率に目立つ偏りアリ

 

神宮球場の成績は45.9% (37試合17勝20負)

 

 

楽天

 

総合勝率43.4%

 

ハンデ別の勝率に偏りアリ

 

コボスタ宮城の成績は40.5% (37試合15勝21負1分)

 

 

西武

 

総合勝率46.9%

 

ハンデ別の勝率に偏りアリ

 

西武ドームの成績は43.6% (39試合17勝20負2分)

 

 

ロッテ

 

総合勝率47.6%

 

ハンデ別の勝率にかなり目立つ偏りアリ

 

QVCマリンの成績は50% (42試合21勝21負)

 

 

ソフトバンク

 

総合勝率50%

 

ハンデ別の勝率に目立った偏りナシ

 

ヤフオクドームの成績は60.5% (38試合23勝14負1分)

 

 

オリックス

 

総合勝率56.6%

 

ハンデ別の勝率にかなり目立つ偏りアリ

 

京セラD大阪の成績は64.7% (34試合22勝12負)

 

 

日本ハム

 

総合勝率51.8%

 

ハンデ別の勝率に偏りアリ

 

札幌ドームの成績は56.8% (37試合21勝16負)

 

 

今回のデータをまとめるにあたって

 

想像以上の時間がかかりました。

 

正直もうヘトヘトです。

 

 

ですので、このデータが正しいかどうかは責任持ちません。

 

2014年 プロ野球前半戦ハンデ別 総集編 最後に

 

 

このブログの勝敗予想や試合結果などのデータは

 

ブログの仕様上で野球賭博のハンデシステムを

 

考慮した予想や試合結果となっています。

 

 

使用しているハンデは、ネットなどを活用しある一定のルールで決めており

 

実際の野球賭博で使用されているハンデとは関係ありません。

 

このブログで使われているハンデの詳細についてはこちら

 

 

野球賭博のハンデを題材にして予想を始めた理由は

 

野球賭博のハンデを考慮して勝敗予想をしている理由

 

でご説明しております。

 

 

野球賭博は違法です!

 

絶対にやらないようにしましょう。

 

野球賭博の罪の重さに関してはこちら