野球賭博等で使われるギャンブル用語の説明や解説です

野球賭博用語辞典

野球賭博 この用語ってなに?

 

 

野球賭博やその他のギャンブルでよく使われる用語集です。

 

 

野球賭博関連の記事やサイトなどで

 

よく出てくる用語の意味を調べていきます。

 

 

このブログにもよく出てくる用語があるので

 

それらを簡単に下記の表にまとめていきますが

 

間違ってたらご指摘ください。

 

野球賭博 専門用語 解説集

 

 

用語

意味

ハンデ

それぞれの試合に対して設定されるハンデキャップのこと

ハンデ師 ハンデをつける人のこと、大物元プロ野球選手がハンデを切っているとの噂アリ
モトハン ハンデをつけるおおもとのこと
ダシ ハンデを出すチームのこと
バック ハンデをもらうチームのこと、「もらい」とも呼ぶ
タイ ハンデがない試合のこと、タイマンの略、「スク」ともいう (スクラッチの略)
丸勝ち ハンデの影響は受けずに100%ぶんを勝つこと
丸負け ハンデの影響を受けずに100%ぶんを負けること
分勝ち ハンデの影響で分のぶん勝つこと
分負け ハンデの影響で分のぶん負けること
スイチ 1点張りのこと
胴元 テラ銭という名の手数料をとり、賭博を開帳して取りまとめ金銭の管理を行う人のこと

テラ銭 胴元の取り分のこと、控除率と同じ意味合いで使われる、語源は「寺銭」
テラ負け テラ銭の分のみ負けること
テンコ 1回ずつ勝敗が入れ替わること、語源は舞伎用語の「てれこ」
ツラ どちらかが連勝すること、語源は「連なる」

罫線 ゲームの勝敗などを記録していくスコアのことで勝敗予想の材料とするのが目的

客目 客に有利な結果になること

胴目 胴に有利な結果になること

一通 人気が偏っていること、一方通行の略

鉄板 「間違いない」「確実な」といった意味、鉄板も熱くなると柔らかくなるので注意

消火活動 負け分を消そう(なくそう)とすること、破滅へのはじめの一歩のときもある