野球賭博に関するニュースの一覧です

野球賭博ニュース2015年

野球賭博ニュース 2015年

 

 

2015年に起きた

 

野球賭博関が関わってた事件

 

大小問わず分かりやすくまとめてお伝えします。

 

 

野球賭博の罪の重さに関してはこちら

 

わからない用語があればこちらをご参考に

 

JR東日本社員ら112人が野球賭博に関与 2015年11月 福島県

 

2015年11月9日

 

 

プロ野球巨人は9日、野球賭博に関与していたとして

 

福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(22)

 

の3選手の契約を解除する方針を決めたと発表した。

 

また、原沢敦球団代表(59)は

 

「選手に対する適切な指導監督ができなかった」

 

として球団に辞任届を提出し、同日付けで引責辞任した。

 

 

球団は、3選手の新たな賭博行為についても発表。

 

それによると

 

笠原は昨年4月に一般客が入れないようなカジノに知り合いに連れて行かれ

 

数十万円を受け取っていたという。

 

球団は受け取った金額の全額を返金させ、厳重注意と罰金の処分を科していたが

 

笠原はその後も続けて賭けを行ってた。

 

また、福田、松本竜両投手もカジノに出入りしていたという。

 

 

球団が全選手、コーチ、職員計276人を対象とした聞き取り調査を行った結果

 

野球協約に違反する行為は笠原、福田、松本竜の3選手以外に確認できなかったが

 

賭け麻雀や賭けトランプなどの賭け事が、一部選手の間で頻繁に行われていたという。

 

 

球団は再発防止策として

 

「組織体制の強化」、「選手指導の改善」、「禁止行為の制定」

 

の3点を発表した。

 

大リーグなどの賭博容疑でダルビッシュ投手の弟らを逮捕 大阪府 2015年10月

 

 

2015年11月5日

 

 

JR東日本 仙台支社は5日

 

郡山総合車両センター(福島県郡山市)に勤務する

 

同社やグループ会社の社員計112人

 

高校野球の春夏の甲子園大会の優勝校を予想する

 

賭博行為をしていたと発表した。

 

 

 

支社によると、賭けの対象となったのは

 

春の選抜高校野球大会と、夏の全国高校野球選手権大会。

 

組み合わせが決まった後に、持ち回りで務める数人が大会開幕前に

 

センター内に参加者を募るチラシを掲示し

 

高校名や口数などを記入する申込用紙を配っていた。

 

1口500円で何口でも賭けられ

 

今年の春の大会には66人が参加し、賭け金の総額は13万2500円

 

夏の大会には82人が参加し、総額は17万3500円だったとのこと。

 

 

 

調査では、いつから賭博が行われていたのか具体的なことはわからなかったが

 

「民営化前(国鉄時代)からやっていた」と話す社員もいたため

 

長年に渡り、社内で賭博行為が行われていたものとみられている。

 

また、賭博に関与していた社員は某新聞社の取材に

 

「法に触れるとは思っていなかった」

 

と話したという。

 

 

 

JR東日本は

 

「賭博行為をした社員については処分も検討する。」

 

と話している。

 

野球賭博行為の疑いで巨人が福田投手を告発へ 東京都 2015年10月

 

 

2015年10月27日

 

 

大阪府警捜査4課が大阪府藤井寺市に住む

 

米大リーグ・テキサスレンジャースのダルビッシュ有投手(29)の実弟

 

ダルビッシュ翔容疑者(26)を含む8人を

 

賭博開帳等図利や常習賭博の疑いで逮捕したことを発表した。

 

 

 

同課は逮捕された8人のうち翔容疑者と大阪府生野区に住む韓国籍の無職・男(29)

 

石川県白山市に住む鉄筋工・男(23)の3人が賭博を仕切る胴元

 

ほかの20~32歳の男女ら5人が客であったとみているが

 

いずれも認否を明らかにはしていない。

 

 

 

翔容疑者の逮捕容疑は鉄筋工・男(23)と共謀し

 

5月12~18日に行われた米大リーグとプロ野球の公式戦計44試合の勝敗について

 

胴元として客らから1口1万円で計約1850万円の賭けの申し込みを受けた疑い。

 

またこのうち34試合に関し韓国籍の無職・男(29)を胴元として

 

鉄筋工・男(23)らと客として計約1900万円の賭けを申し込んだ疑い。

 

 

 

同課によると逮捕された8人は知人同士で

 

無料通信アプリLINE(ライン)を使って

 

翔容疑者らは自宅などで賭博のやりとりをしたり

 

賭け金の取りまとめをしたりしていたとのこと。

 

 

また胴元になった場合は手数料として

 

「寺銭(=テラ銭)」と呼ばれる賭け金総額の1割を受け取っていたという。

 

 

 

同課は翔容疑者らが少なくとも昨シーズンから賭博を開ていたとみている。

 

巨人の笠原、松本竜投手も野球賭博に関与 2015年10月

 

2015年10月21日

 

 

日本野球機構(以下:NPB)は21日

 

プロ野球巨人の福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していた問題

 

調査委員会が調査したところ、福田のほかに

 

巨人の笠原将生投手(24)と松本竜也投手(22)の2名も

 

賭博行為に関与していたことが分かったと発表した。

 

 

NPBによると

 

笠原は福田と賭博を誘った野球賭博常習者の男性を仲介していたとされていたが

 

自身も昨年4~10月にプロ野球の約10試合について賭けを行ったという。

 

笠原はまた、別の野球賭博常習者を通じても

 

昨年のプロ野球の10~20試合で賭けを行った。

 

 

松本は昨年6~10月に、笠原を介して知り合った賭博常習者らとともに

 

プロ野球の十数試合で賭けを行ったという。

 

福田については、今年5~9月に大リーグや高校野球の勝敗で賭けを行ったほか

 

8~9月にプロ野球の約10試合でも賭けを行ったと認定された。

 

また、福田と笠原は麻雀やバカラでも

 

野球賭博常習者とともに賭けを行っていた

 

 

NPBの調査委員会の大鶴基成委員長は

 

「3選手の携帯電話を調べ、削除されたメールを再現して分析した結果

 

判明したが、八百長の共謀などは今のところ認められない」とした上で

 

「1カ月以内に最終報告を出したい」と話した。

 

3選手ともに、野球協約180条の

 

「賭博行為の禁止および暴力団員等との交際禁止」

 

に違反する行為にあたり、1年間または無期限の失格処分となる。

 

 

福田は巨人戦で賭博に関与していたが

 

大鶴委員長によると、笠原と松本については

 

巨人戦を賭けの対象にしたことは今のところ確認はできていないとのこと。

 

野球賭博に関与していた問題が

 

他球団の選手に広がる可能性について、大鶴委員長は

 

「そのような情報はつかんでいない」

 

と話している。

 

賭博に関与した巨人3選手を球団が解雇の方針、代表は辞任届を提出 2015年11月

 

2015年10月5日

 

 

プロ野球巨人は5日

 

都内の読売新聞本社で会見を開き

 

福田聡志投手(32)が野球賭博に関与した疑いのあることが判明したため

 

野球協約に基づきコミッショナーに告発すると発表した。

 

 

球団によると福田は今年8月初旬に

 

税理士法人勤務という男性A氏からの誘いを受け

 

全国高校野球選手権大会の複数の試合で賭博に関与し

 

その後プロ野球や大リーグでも同様に複数の試合で

 

賭博に関与していたとのこと。

 

9月初旬までの間にプロ野球と大リーグを合わせて計20試合で賭けを行い

 

そのうち巨人戦は3~4試合含まれていた

 

 

福田が巨人戦を賭けの対象とした行為は

 

野球協約第177条1項6号「所属球団が直接関与する試合について賭けをすること」

 

もしくは、野球協約第180条1項2号「出場しない試合について賭けをすること」

 

に違反するとみられる。

 

福田の行為がどちらに相当するのかはコミッショナー判断になるが

 

第177条1項6号であれば永久失格処分

 

第180条1項2号であれば1年間ないし無期の失格処分となる。

 

 

9月30日にA氏がジャイアンツ球場を訪れ

 

「福田選手の借金を取り立てに来た」

 

と話したことから事態が発覚。

 

本人に事情聴取をした上で告発相当との判断に至り

 

コミッショナーに報告。

 

一両日中にはコミッショナーあてに正式な告発を行うという。

 

 

また、A氏は笠原将生投手の友人の知り合い。

 

福田は笠原から紹介されたという。

 

笠原はA氏と麻雀仲間で

 

A氏から野球賭博の勧誘を受けていたが断っていた。

 

ただ、A氏が野球賭博常習者と認められた場合

 

A氏との交際が協約違反になる可能性が出てくるため

 

笠原についてもコミッショナーあてに文書で概要を報告したという。

 

 

現在、福田と笠原は謹慎中。

 

コミッショナーによる調査、処分などの状況を勘案しながら

 

球団として処分も行うという。

 

 

野球賭博は違法です!

 

 

 

絶対にやらないようにしましょう。