2010年に発覚した大相撲野球賭博問題を簡単にまとめます

大相撲野球賭博問題

大相撲野球賭博問題

 

 

2010年に発覚。

 

 

日本相撲協会の現役の大相撲力士や年寄などが

 

野球賭博に関与している

 

と大々的に報道され世間の注目が大きく集まり問題となった事件です。

 

 

当時の大関である琴光喜が

 

暴力団を胴元とする野球賭博に関与していた

 

と報じられたのが事件の発端。

 

 

琴光喜や大嶽親方(元関脇貴闘力)などを含む

 

数十名に及ぶ力士や年寄

 

などの関与もあったとして発展。

 

 

最終的には、琴光喜を含む

 

多くの関係者が野球賭博などの違法賭博への関与を認めて</span>

 

実名も公表されました。

 

 

また、この事件の捜査過程で

 

大相撲の八百長問題も発覚。

 

それにより2011年春場所が中止となりました。